就労支援事業について

うつ病の人を支援する制度はいくつかありますが「就労支援事業」もその中の一つです。

就労支援事業というのは、うつ病で仕事を退職せざるを得ない状態になった人、うつ病ではないものの仕事を辞めた事で様々な不安からうつ病を発症し、再就職できなくなった人を支援する事業のことです。

うつ病は一度克服しても、再発する可能性があります。

もちろん中には再発することなく、復職して、普通に日常生活を送っている人もいますが、中には復職した事がきっかけで、うつ病を再発してしまうケースもあります。

就労支援事業では、復職のサポートをするだけでなく、症状の改善や回復もサポートしています。

ただ再就職先を探すのではなく、メンタル的なサポートなども行っています。

現在就労支援事業を行っている企業は増えているので、選択肢はいろいろあります。

企業によりサポート内容は変わりますが、充実したサポート内容である事も大切です。

就労支援事業の主な目的は、最終的なところは復職(再就職)ですが、復職した後も直ぐに休職しないよう導く事が大切です。

また就労支援事業の支援を受けている最中に、回復や改善の妨げになるような事があってはいけませんから、メンタル面でのサポートなども行います。

業者により体勢も異なりますが、まずは専門家が心のケアを行います。

認知行動療法を取り入れる事も多々あります。

次に心理ワークや自分自身をコントロールするためのプログラム、自分自身を見つめ直すプログラムなどを実施して、復職に向けて少しずつ進んでいきます。

最終的には求人を紹介して、復職に向けて本格始動しますが、最初から障害者枠での求人を扱っているので、入職率は高いと言われています。

はうつ病を克服していても、過去にうつ病だったとわかった時点で、内定を取り消される事も少なくありません。

しかし就労支援事業を行っている企業に求人を出す企業も、最初から障害者枠で求人を出しているので、ここは理解がある分有利です。

うつ病からの復職という場合は、若干給料が安くなる傾向があります。

これは仕方ない部分もありますが、正社員枠での採用なら、福利厚生はしっかりしていますし、後は努力次第で昇給も可能です。

もしも復職後に何らかの問題が起きても、相談できるところがあると心強いです。

就労支援事業では、復職後もサポートしていますので安心です。

求人が障害者枠でも、会社にそれを公表する義務はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする