障碍者年金について

うつ病の人は障碍者年金で、支援を受ける事ができます。

通常の65歳から貰う年金とは別に、障碍がある場合は年金を受け取る資格があります。

しかし障碍者年金を貰うためには、うつ病である事、保険料を一定以上支払っている事などの条件があります。

うつ病であっても保険料が未払だったり、保険料をきちんと払っていても、うつ病とは認められない場合、障碍者年金を受け取る事は出来ません。

65歳以上の方は年金をもらえますが、障碍者年金は請求できなくなります。

支援のための障碍者年金を貰う条件としては、「障害認定基準よりも重い障碍状態である事」と、「保険料を一定以上支払っている(未納にしていない)」という条件があります。

この2つの条件を満たしていれば、障碍者年金ができますが、65歳までに申請しないと障碍者年金は受け取れなくなってしまいます。

障碍者年金は障碍者手帳を持っていなくても申請できますし、2つの条件をクリアしていれば障碍者年金を受け取る事ができます。

ここで覚えておきたいのが、「障害認定基準よりも重い障碍状態」です。

これについては専門の期間が認定基準をもとに判断します。

大抵の場合は、うつ病と診断されると、障害認定基準よりも重い障碍状態と判断されます。

従ってうつ病でも、障碍者年金を貰う事はできます。

うつ病が原因で障碍者年金を申請する場合の、判断基準は主に3つの段階があります。

1級は気分障害があり、高度の行動障害、高度の思考障害などがありこれが持続したり繰り返したりする場合。

2級は気分障害があり、行動障害や思考障害があり、日常生活を宣言しないといけない場合。

3級は気分障害があり、行動障害や思考障害があり症状はそれほどひどくはないものの、仕事ができないなど労働面での制限がある場合。

という条件があり、これが判断基準となります。

障碍者年金を受給する条件も紹介しておきます。

うつ病の診察を受けた初診日が、年金加入期間である事、障碍者年金の判断基準を満たしている事、初診日の前日の段階で、保険料の納付期間が、加入期間の3分の2を超えている事、65歳未満で初診日の先々月までの1年間保険料を未納ない状態で支払っていた事です。

この条件をクリアしていないと、障碍者年金の受給条件がなくなってしまいますので注意してください。

問題がないようなら申請ご受理され、障碍者年金を受給する事ができます。

申請窓口は住んでいる地域の役所の年金課です。

受理されると通知が届くの直ぐにわかります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする