障碍者支援とうつ病について

うつ病は精神的な部分の病気であり、脳の神経伝達物質のバランスが崩れる事により引き起こされる事がわかっています。

昔は「心の病」と言われていましたが、心だけではなく脳にも原因があります。

根本的な原因はストレスだとされていますが、うつ病患者を「障碍者」と呼ぶことがあります。

障碍者は何らかの原因で、長いあいだ日常生活が送れない、社会生活に制限を受けざるを得ない人の事をいいます。

障害者は体に障害がある人や、知的障害がある人の事を言いますが、うつ病は障害者と呼ばれる事もあります。

うつ病は治療に時間がかかるため、日常生活にも様々な制限を強いられる事があります。

この場合は社会的サポートとして、「精神障害者保健福祉手帳」の申請をすれば、自立支援が可能となります。

精神障害者保健福祉手帳には、1級から3級まで種類があって、症状に合わせて支援内容も変わってきます。

1級は日常生活に多少支障が出る程度、2級は日常生活に制限を受ける事はある程度、3級は日常生活だけでなく、社会生活にも支障が出る、という状態で判断されます。

申請して受理されると、精神障害者保健福祉手帳が支給されます。

これにより税制上の優遇措置や、生活保護上の優遇措置を受けることができます。

他にも通院に利用する交通機関が無料になったり、公共施設が無料や割引価格で利用できるなどメリットは増えます。

うつ病の治療には長い時間がかかりますし、仕事を辞める事になれば、収入も途絶えますので経済面での負担も増えます。

しかし精神障害者保健福祉手帳を支給してもらう事ができれば、経済面でのサポートがあるから治療に専念できるというメリットは大きくなるでしょう。

中には仕事を続けながら、うつ病の治療をする人もいます。

この場合会社に、うつ病に対する理解があればいいのですが、そうではない場合はうつ病である事、治療をしながら仕事をしている事を隠さなければいけません。

働いている人も精神障害者保健福祉手帳の申請は可能ですが、会社に知られるのでは?という不安から申請しない人もいます。

しかし精神障害者保健福祉手帳が支給された事を、会社に通知する事はありません。

年末調整の時所得税控除対象がある場合、経理担当に精神障害者保健福祉手帳のことを知られる可能性はありますが、だからといって会社中に伝わる事もありませんので、ここは心配しなくても大丈夫でしょう。

心配な場合は他言しないよう頼んでおくのもいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする