うつ病の自立支援について

うつ病の治療には時間がかかりますので、克服するまでの治療に掛かる費用は意外とばかになりません。

中には経済的な理由で治療を断念してしまい、症状が悪化してしまうケースもあります。

しかしうつ病の人は様々な支援を受ける事ができます。

行政、医療、民間の団体など、様々な支援を行っていますが、ポピュラーなのは「自立支援医療制度」です。

自立支援医療制度にもいくつかの種類がありますが、これはうつ病の治療にかかる自己負担分を3割負担から1割負担に軽減できるというものです。

うつ病の治療を受けている医師に言えば、申請書を書いてくれますので、それを地域の保健センターに提出して、受理されると「自立支援医療受給者証」が発行されます。

治療を受ける病院の受付や窓口に、自立支援医療受給者証を提示すれば、支払いの時は1割負担で済むのです。

しかし中には自立支援医療制度がある事を知っているにも関わらず、申請しない人もいます。

何故申請しないかについては、人により理由も異なるので一概には言えませんが、病院の受付や、治療費の支払いをする窓口で、自立支援医療受給者証を提示する時、人に見られると自分に障害がある事や、うつ病である事を知られてしまうのが怖い、恥ずかしいと考える事が多いようです。

うつ病になる原因は人により異なりますが、自分がうつ病だという事を受け入れるのは時間がかかりますし、勇気も必要です。

受け入れ治療を開始したとしても、それを人に見られる事、知られる事で不安やストレスが大きくなるのは仕方ない事ですが、提示の仕方もいろいろありますし、会計の時はあまり人が周囲にいないよう配慮されている病院もありますので、医師や看護師、受付の人に相談してみるのもいいかもしれません。

自立支援医療受給者証があれば、自己負担分が減るのでメリットはあります。

人の目が気になるという場合は、デメリットになることもありますが、ここは相談すれば対処してもらえる可能性もあります。

申請しないというよりも、申請したいのに医師が申請書を書いてくれないというケースもあります。

うつ病の治療をしている場合は、既にうつ病であることも医師は理解していますが、まだはっきり診断がおりていない時に、申請書を書いて欲しいと言ってもはっきり診断するまでは書いてもらえない事もあります。

これについては医師次第という事もありますが、お願いしても申請書を書いてくれない場合は、他の病院に変えてみるなどしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする