Skip to content

日本と海外のバイクメーカーの違い

これからバイクを購入しようとしているけど日本のバイクがいいのか海外のバイクがいいのかよくわからないという人のために日本のメーカーと海外のメーカーの特徴や性能など調べてみました。

日本のバイクと海外のバイク、経済的に乗れるのは?

好きなバイクに乗りたい!というのは誰もが思うことなのですが、なかなか金銭面的に難しいと思います。

日本のバイクと海外のバイクの価格を比べてみましょう。

日本のメーカー 車種 排気量 価格
HONDA(ホンダ) CB1300SF 1300㏄ 1447200円
YAMAHA(ヤマハ) FJR1300A 1300㏄ 1512000円
KAWASAKI(カワサキ) ZRX1200 1200㏄ 1204200円
SUZUKI(スズキ) バンディット1250S 1250㏄ 1112400円
海外のメーカー 車種 排気量 価格
HARLEY-DAVIDSON(ハーレーダビットソン) XL1200NS 1200㏄ 1366200円
BMW(ビーエムダブリュー) R1200R 1200㏄ 1773000円
DUCATI(ドゥカティ) モンスター1200 1200㏄ 1730000円
aprilia(アプリリア) CAPONORD1200 1200㏄ 1998000円

性能や装備によって価格は変わりますので一概には言えませんが、価格にはさほど変わりがないので、好みのスタイルでバイクを選ぶことがよりいいバイク選びができると思います。

メンテナンス性や維持費は?

バイクは買えても維持できなければ意味がありません。

海外のバイクのメンテナンスにおいては、オイル交換も指定のオイルを使わなければならないことが多いことと、パーツ交換などが生じた場合はパーツなどが輸入品のため価格が高く、メンテナンス費用が日本のバイクに比べて高くなる傾向があります。

それと日本のバイクも海外のバイクも現行のバイクはとくに、コンピューター制御が多く、なかなか自分でメンテナンスや修理などをすることは非常に難しくなっているため、ディーラーなどでメンテナンスをすることが多くなるので、維持費も高くなります。

結果的には、車種にもよりますが、同じぐらいメンテナンスに費用がかかるとしたら海外のバイクのほうが維持費やメンテナンス費が高くなる傾向があります。

それも踏まえた上で、バイク選びをすることをおすすめします。

一概にバイクの維持費などがどれくらいかかるものかわからないと思います。

車種によってと新車か中古車かによっても変わってきますので、バイクを選ぶ際にディーラーに相談することをおすすめします。

▽日本と海外どちらのメーカーも取り扱いがあるサイト⇒https://www.8190.jp/wish/ds/bike/